合コンのチャンスをモノにする方法 -Project.G-


by projectgg

プロフィールを見る
画像一覧

合コンのチャンスをモノにする方法 -Project.G-







“本当にいい人だね”

あなたは女性からこんな事を言われた経験がありますか?

私は合コンに行くと十中八九言われていました。

情けない話ですが、当時の私は自分に都合がいいように解釈して、「オレは優しい男だ」なんて自慢気でいました。

でも、そんな優しいはずの男がいざデートに誘ってみると、

「その日は友達と約束があるの」

こんな返事しかもらえません。

始めの内は本当に約束があるのだろうと思っていたのですが、どんな合コンでどんな女の子を誘ってみても、誰も2人きりで会ってくれようとはしませんでした。

何故?何故?

やっと気付きました。

「いい人」というのは「男としては見れない」「友達でいようね」と遠回しに言われているだけで、褒め言葉でも何でもありませんでした。



“男として最悪の称号”

あなたは「好き」の反対は何だと思いますか?

「嫌い」だと思いますか?

私は違うと思います。

「嫌い」というのはそこに感情の動きがあります。

感情の動きがあるという事は、何かのきっかけで「好き」に変わってしまう事があるんです。

嫌な奴だと思ってた人から優しくされて「何だよ、いい奴じゃないか」と感情が逆転してしまったという経験はありませんか?

漫画やドラマで主人公のライバル的存在だった敵役が味方につくと、急に人気物になってしまうというのも同じ原理です。

じゃあ「好き」の反対は何か?

それは「興味が無い」です。

何の感情も動かない、空気のような存在、これが「好き」の反対です。

簡単に言えば「つまらない男」の事で、この正体が「いい人」です。

あなたがもし私と同じ「いい人」というポジションにいるのなら、すぐにこの状況を変えなくてはいけません。

決して彼氏候補になり得ない、最悪の称号を持ってしまった事になります。



“そりゃあイケメンだったら…”

全部ルックスのせいだ。

あなたはそんな事思った事がありませんか?

「もっとハッキリとした顔立ちだったら…」

「せめて身長170センチあったら…」

「この薄い頭さえ何とかなれば…」

私はずっとそう思ってました。

「いい人」で終わってしまうのは、全部自分の見た目が原因で、もっとカッコ良く生まれていたら、こんな悩みを抱えはしないと。

当時私は年上のお姉さん系がツボだったのですが、芸能人で言うと松嶋菜々子さんのようなタイプで、大人っぽい雰囲気と低レベルな男は寄せ付けないようなオーラを感じると、変な悔しさと憧れが入り混じって異常に興奮していました。

でもそんな彼女達はみんな背が高くて、鼻高々のイケメン友達ににいつも持っていかれていました。

憧れだった松嶋菜々子さんも、反町隆史に奪われました。

ウィキペディアで調べてみたのですが、反町の身長は181センチもあります。

その上あの顔立ちです。

そりゃ私だって反町のような風貌だったら、自信も持てるし、松嶋さんのような美女を手に入れ、肩で風切って街を歩けてたんじゃないかと思います。

でも私は、プロ野球の藤川球児に似ていると言われています。

わからない人はネットで調べてもらうといいですが、ノッペリとした顔立ちで、どう見てもカッコイイとは言えません。

身長は164センチです。

日本人の男性の平均身長が170センチらしいですが、それよりずっと低いです。

親を恨んだ時期もありましたし、本気で整形してやろうかと思った事もあります。

カッコイイ友達に限って「男は中身だ」なんて言ってるのですが、「おまえには言われたくない」といつも思ってました。




完全無料出会い系サイト
[PR]
# by projectgg | 2010-12-15 18:38

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2010年 12月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

合コンのチャンスをモノにする..
at 2010-12-15 18:38

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧